08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
登校中のOD

今日の明け方、学校があるというのにODしてしまった。
この前のODで、少しは懲りたかと思ってた。
もう、しばらくはODすることはないだろうなって。
でもワタシの考えは、すごく甘かったみたい。
学校があるって思いから、前回よりも薬の量を増やしたりはしなかったけど…
本当は、70錠や80錠を飲んでしまいたいという思いも強くあった。
だけど担任の先生のことを思い出し、迷惑をかけるからと自分に言い聞かせた。
約30錠の薬を服用した時点で、かなりの時間をかけてストップ。
そのおかげか、一度眠りについて目覚めた朝
この前のようなふらつきや吐き気は、感じられなかった。
それは運のいいことで、喜ぶべきことなのに
ワタシはなぜか、欝に突入してしまった。
登校中も全く気分は晴れず、モヤモヤしてた。
そしてとうとう自制がきかなくなり、さらに10錠の薬を追加してしまった。
それも、登校中のバス車内で。
ワタシの周りにも人はいたけれど、気付かれてはいないはず。
同じ学校の友達や、学校周辺の住民さんに見られると危ないから
この点では、幸運だったなって思う。

薬を服用してから10分くらいたった頃に学校へ到着。
今日はHRの時に、単語テストがあった。
範囲はそれほど広くないし、事前にテストがあることは知らされてた。
もちろんワタシも、単語テストのことを知ってた。
勉強しなくちゃって、昨日の夜に小一時間くらい格闘したもの。
だけど、結局勉強出来ないままで終わっちゃったんだ。
単語テストは、勉強すれば誰でも合格できる。
だけど、勉強しなければ確実に不合格。
全く勉強しなかったワタシは、20問中6個しか書けなかった。
残りの14個は、白紙のまま。
15問以上正解が合格だから、ワタシはもちろん不合格。
ずっと、ほぼ満点をとってきてたのに…
自業自得とはいえ、やっぱり悲しかった。
不合格者には、単語の書き取りという特別課題も課されるしね。

ODの影響が出だしたのは、一時間目の数Ⅰ授業後半だった。
黒板からノートへ、ノートから黒板へと視線を動かした時の焦点が合わない。
ワタシは一番前の席なのに、説明をする先生の声が遠くで聞こえる。
時折、意識がフッと遠ざかる。
そんな症状が出てきて、さすがのワタシもヤバイって思った。
二時間目は、大好きな音楽の授業。
保健室に行くのは、原因が原因だけに躊躇いがある。
どうするべきなのかなって、ぼんやりと考えてた。
一時間目終了のチャイムが鳴ると、ワタシは結衣のもとへ行こうとして…
倒れる寸前で、結衣に抱き留められた。
目の前にある景色が歪んで見えて、一人では真っ直ぐ歩くことも不可能。
そんな状態で音楽の授業に出られるわけもなく
ワタシは、結衣に支えられながら保健室へ行った。
保健の先生は、フラフラしてるワタシを見てすぐに事情を察してくれた。
“どんな時も笑顔の愛結美が、笑顔を見せないのは心配”
そう言って、担任の先生を呼んでくると、保健室を後にした。
その間、ワタシは保健室のソファーで横になってた。
歩くことはもちろん、立ち上がることも出来なかった。
保健の先生は、しばらくして1人で帰ってきた。
どうやら、担任の先生は授業中だったらしい。
『ベッドで少し横になってたら?』
という保健の先生の言葉に甘えて、ベッドへ。
ぼんやりしているうちに、二時間目終了のチャイムが鳴った。
五分後くらいに、担任の先生がワタシのベッドのそばまで来てくれた。
その時のワタシは、多分一番ODの影響を強く受けていたんだと思う。
意識は朦朧としていて、何も考えられない。
担任の先生の問い掛けには、頷くか首を振るか。
先生は、そんなワタシに危機を感じたらしく
『親御さんに迎えに来てもらう?』
と、ワタシに問い掛けてきた。
ワタシはもちろん、首を横に振る。
両親は共働きだから、どちらかに迷惑をかけてしまうことになるから。
『でも、この状態の愛結美を1人で帰らせたり出来ないよ?』
確かにワタシは、歩くのもままならない状態だったし
帰宅中に、自殺を図ったりしかねない状態でもあったから
先生の判断は、すごく適切だったと思う。
その場は、もう一時間休むということでおさまった。
先生が保健室を出て行った後、ワタシは声を押し殺して泣いた。
みんなが授業を真剣にうけてる時に、何もしてない自分が情けなかった。
また担任の先生に迷惑をかけた自分が許せなかった。
何もかもが嫌で、死んでしまいたいとしか思えなくて…
約一時間、ずっと泣いてた。
もちろん、カーテンの向こう側にいる保健の先生にバレないように。

昼休み、今度は保健の先生に早退の話をもちかけられた。
早退すると、両親に迷惑をかけてしまうし
このまま保健室にずっといるわけにもいかない。
そう思ったワタシは、授業に出ると告げた。
ちょうど結衣が保健室に来てくれたので、一緒に教室へ。
まだふらつきは残っていたので、ずっと支えてもらってた。
椿も梨奈も亜衣も、心配してくれた。
亜衣は教室移動の時、ワタシの隣に来て手を繋いでくれた。
授業が終わってから教室に戻る時も、手を繋いでくれたんだ。
みんな、ありがとう。
迷惑ばかりかけちゃってゴメンね。


ランキングに参加しています。↓クリックしていただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
↓コメント返しです。↓
つづきをよむ
スポンサーサイト
テーマ:自傷・OD - ジャンル:心と身体
★ School ★トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
| ホーム |
訪問者
プロフィール

愛結美

Author:愛結美
。。ひとりごと。。
一瞬一瞬の想いや心の声を綴るメモブログ。
覗いて頂けると嬉しいです。

HN:愛結美
性別:女
年齢:16歳(高校一年生)
趣味:ピアノを弾くこと / 読書 / 創作など


精神科通院中・精神不安定気味の高校生。
自傷癖アリ。 時々、欝。対人恐怖症気味?

詳しいプロフィールはこちらから。


リンク・コメント、大歓迎!!
愛結美の事を知っている方はもちろん、知らない方も、どんどんコメントしてくださると嬉しいデスww

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ ランキング ♥

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセス解析
無料 アクセス解析インプラント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。